市場が安いと料金も安い

Natureスマート電気の料金は、JEPX(電力取引市場)と連動して決定するため、市場価格が安いほど電気代が安くなります。

料金の例:一戸建て4人家族の場合

東京電力とNatureスマート電気の料金を、一戸建て四人家族の一般的な利用ケースで換算した電気代です。

2020年のシミュレーション結果には、2021年1月の電力価格高騰分は含まれていません。
※ 電気使用量は、通常の家庭需要モデルから独自に算出しており、スマートな電気利用による節約効果は含まれておりません。

2021年1月の価格高騰と100円の上限設定

2020年12月から2021年1月にかけて、JEPX(日本卸電力取引所)の価格高騰が発生しました。Natureスマート電気では、万が一再びこのような価格高騰が起こった場合に備えて、購入単価の上限を100円に設定することで、お客様のリスクを限定しています。価格高騰の詳細については、こちらをご覧ください。

直近5年間の市場価格は下降傾向

直近5年間でみると、市場価格は下降傾向にあります。もしこの傾向がこの先も継続していくと、Natureスマート電気の料金もさらに安くなっていきます。

※傾向に関する説明のため、一過性の価格高騰が発生した2021年1月以降の期間をグラフから外しております。