なぜ電気代が安くなるのか

Natureスマート電気はなぜ安いのか。
過去3年間のシミュレーションの電気代をもとに、フラットプランとスマートプラン、それぞれのプランについて解説します。

東京電力とNatureスマート電気の料金を、一戸建て4人家族の一般的な利用ケースで換算した電気代です。

※ 2020年のシミュレーション結果には、2021年1月の電力価格高騰分は含まれていません。
※ 電気使用量は、通常の家庭需要モデルから独自に算出しており、スマートな電気利用による節約効果は含まれておりません。

どちらのプランも、3年間通じて大手電力会社の従量電灯Bのプランよりも安くなっていますが、2018年はフラットプランが、2019年・2020年はスマートプランが、より安くなっています。なぜこの違いが生まれるのでしょうか。

フラットプランの安さの仕組み

フラットプランは、基本料0円で、電気を使った分だけ従量料金をお支払い頂くシンプルな仕組みです。(こちらに、再生エネルギー賦課金・燃料費調整額が加わったものが最終料金となります。この2つの項目の額は、どの電力会社も基本的に同じで、年によって変わります。)
スマートプランと違って、フラットプランの従量料金はJEPXの価格に左右されないため、市場が安くても高くても料金は変わりません。
Natureスマート電気のフラットプランは、単価がリーズナブルな設定のため、大手電力会社よりも電気料金が安くなるというわけです。なお、大手電力会社の場合、電気を使えば使うほど単価が高くなるため、たくさん電気を使うご家庭の場合は特にフラットプランはより節約につながります。

スマートプランの安さの仕組み

スマートプランは、JEPX(電力取引市場)の市場価格に連動するため、市場価格が安ければ電気代も安くなります。JEPXの年平均価格は年々下降しているため、上のシミュレーション結果における市場連動プランの電気代も年々安くなっているのです。この傾向が続く場合、今後よりスマートプランは安くなることとなります。

※傾向に関する説明のため、一過性の価格高騰が発生した2021年1月以降の期間をグラフから外しております。

また、市場価格は30分ごとに変化しますが、例えば1日の中でも、電力需要が多い朝夕の時間帯に価格が上がり、需要が少ないお昼の時間帯に価格が下がる傾向にあります。価格が高い時間帯をなるべく避ける工夫をして電気を使うことで、さらに電気代を節約することが可能です。